Loading 0%
  • プレスリリース
  • 2018
  • 2018年04月吉日
  • ビーズ株式会社
    https://www.be-s.co.jp/
  • 濡らしたくない所だけに割り切ったほうが案外便利だった!?
    雨天駐輪時にはサドルとハンドルも覆える、1つで2役な自転車用前カゴカバー発売。
  •  ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2018年4月10日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、前カゴからサドルまで覆うハーフサイズの自転車カバーがセットになった前カゴカバー「フロントバスケットカバー DBF457-BK Toit Noir(トワ・ノワール)」を発売します。

    <前カゴカバーと自転車カバーの融合>
     前カゴカバーといえば、荷物を雨やホコリ、ひったくりから守ることのみに焦点を当てた製品が一般的です。 このため雨天の外出時は駐輪中に自転車が雨ざらしとなり、再び乗車する際には濡れてしまったサドルを拭かねばなりません。 しかし、外出時にフルサイズの自転車カバーを持ち歩くのはかさばる上、降雨時にかけにくいというデメリットがあり、用いられるのは少ないのが現状です。

     こうした状況を踏まえ、DOPPELGANGERでは前カゴカバーと自転車カバーの機能を融合させた製品の開発に着手。 普段は前カゴのみ、雨天時の外出先では濡らしたくない前カゴとハンドル、サドルのみ重点的に守るコンセプトで開発したのが、ハーフサイズの自転車カバー付き「フロントバスケットカバー」です。 天候に応じてカバー部分をフレキシブルに変えられ、いつでも快適に自転車を取り扱えます。

    <製品の特長>
    1. 大口開口部を備えた前カゴ、ファスナーで開閉可能 … 前カゴ部分は様々な形状に対応できるよう、ストラップで調整し3ヶ所で固定するバスケットカバーに仕上げました。 破れにくく摩耗しにくい300Dポリエステル生地を採用し、さらに裏面にはPUコーティングを施して防水性能を高めています。 開口部は約42×33cmと大きく広がげられ、スムーズに荷物を収納可能。 しっかりとファスナーで閉じられるので、ひったくりの防止効果も期待できます。

    2.  外出先での駐輪用ハーフカバー付き … 外出駐輪時に使用できるよう、前カゴからハンドル、サドルまでを一枚で覆うハーフサイズの自転車カバーを標準付属しました。 風でめくれ上がっても飛ばされないよう、前カゴおよびサドルには、それぞれバックルで固定可能。 さらにカバー外周に配されたラバーバンドが、形状に即して伸縮し包み込みます。 子どもの送り迎えに使うフロントのチャイルドシートまで覆いたい場合は、カバーをカゴの上部にずらすことで調整可能(サイズによって覆えない場合もあります)。 再び乗車する際は、濡れたカバーを専用ポケットに収納できます。

    <雨対策グッズについて>
     DOPPELGANGERではこのほかにも、後方確認がしやすい「パッカブルサイクルポンチョ」や、サイズやバッグの形状に合わせて選べる「バックパックレインカバー」など、様々な雨天対策グッズを展開。公式ブログにて紹介しています。http://blog.doppelganger.jp/?p=2509
  • ……………………………………………………………………………………………………
    ■概要
    ……………………………………………………………………………………………………
  • 【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)          【サイズ】フロントバスケットカバー:(上部)W420×L330mm
    【商品名】フロントバスケットカバー                      (下部)W370×L250mm、(高さ)H280mm
    【型番:カラー】DBF457-BK:プレミアムブラック                 自転車ハーフカバー:W530×L1200mm(平置き状態) 
    【重量・材質】フロントバスケットカバー:230g、300Dポリエステル    【希望小売価格】2,800円(税別) 
           自転車ハーフカバー:150g、210Dポリエステル       【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dbf457/
                 



濡らしたくない所だけに割り切ったほうが案外便利だった!?
雨天駐輪時にはサドルとハンドルも覆える、1つで2役な自転車用前カゴカバー発売。

2018-04-10


 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2018年4月10日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、前カゴからサドルまで覆うハーフサイズの自転車カバーがセットになった前カゴカバー「フロントバスケットカバー DBF457-BK Toit Noir(トワ・ノワール)」を発売します。

<前カゴカバーと自転車カバーの融合>
 前カゴカバーといえば、荷物を雨やホコリ、ひったくりから守ることのみに焦点を当てた製品が一般的です。 このため雨天の外出時は駐輪中に自転車が雨ざらしとなり、再び乗車する際には濡れてしまったサドルを拭かねばなりません。 しかし、外出時にフルサイズの自転車カバーを持ち歩くのはかさばる上、降雨時にかけにくいというデメリットがあり、用いられるのは少ないのが現状です。

 こうした状況を踏まえ、DOPPELGANGERでは前カゴカバーと自転車カバーの機能を融合させた製品の開発に着手。 普段は前カゴのみ、雨天時の外出先では濡らしたくない前カゴとハンドル、サドルのみ重点的に守るコンセプトで開発したのが、ハーフサイズの自転車カバー付き「フロントバスケットカバー」です。 天候に応じてカバー部分をフレキシブルに変えられ、いつでも快適に自転車を取り扱えます。

<製品の特長>
1. 大口開口部を備えた前カゴ、ファスナーで開閉可能 … 前カゴ部分は様々な形状に対応できるよう、ストラップで調整し3ヶ所で固定するバスケットカバーに仕上げました。 破れにくく摩耗しにくい300Dポリエステル生地を採用し、さらに裏面にはPUコーティングを施して防水性能を高めています。 開口部は約42×33cmと大きく広がげられ、スムーズに荷物を収納可能。 しっかりとファスナーで閉じられるので、ひったくりの防止効果も期待できます。

2.  外出先での駐輪用ハーフカバー付き … 外出駐輪時に使用できるよう、前カゴからハンドル、サドルまでを一枚で覆うハーフサイズの自転車カバーを標準付属しました。 風でめくれ上がっても飛ばされないよう、前カゴおよびサドルには、それぞれバックルで固定可能。 さらにカバー外周に配されたラバーバンドが、形状に即して伸縮し包み込みます。 子どもの送り迎えに使うフロントのチャイルドシートまで覆いたい場合は、カバーをカゴの上部にずらすことで調整可能(サイズによって覆えない場合もあります)。 再び乗車する際は、濡れたカバーを専用ポケットに収納できます。

<雨対策グッズについて>
 DOPPELGANGERではこのほかにも、後方確認がしやすい「パッカブルサイクルポンチョ」や、サイズやバッグの形状に合わせて選べる「バックパックレインカバー」など、様々な雨天対策グッズを展開。公式ブログにて紹介しています。http://blog.doppelganger.jp/?p=2509

【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【サイズ】フロントバスケットカバー:(上部)W420×L330mm
【商品名】フロントバスケットカバー(下部)W370×L250mm、(高さ)H280mm
【型番:カラー】DBF457-BK:プレミアムブラック自転車ハーフカバー:W530×L1200mm(平置き状態)
【重量・材質】フロントバスケットカバー:230g、300Dポリエステル
【希望小売価格】2,800円(税別)
自転車ハーフカバー:150g、210Dポリエステル
【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dbf457/





[担当] 熊谷未央(くまがい)、久堀悌子(くぼり)
◆お問い合わせ先:
[お問い合わせフォーム] こちら
[E-Mail] pr@be-s.co.jp
[Tel] 050-5306-1902(広報直通)
[住所] 大阪府東大阪市川俣1丁目14番33号