Loading 0%
  • プレスリリース
  • 2018
  • 2018年05月吉日
  • ビーズ株式会社
    https://www.be-s.co.jp/
  • サイクリストたるもの、自転車にも、人にも優しくありたい。
    肉厚パッド×分割構造の「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」発売。
  •  ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2018年5月31日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、小径車向けパッド入り自転車収納用バッグ「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」を発売します。

    <製品特長>
    1.自転車にも人にも優しい肉厚クッションパッド
     「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」はその名の通り、一般的な輪行袋と比較して耐衝撃の高さが特長です。 その理由は、製品全面に内蔵されたクッションパッド。 自転車に当たる内側には10mm厚のパッドを、その外側すなわち人に触れる側には、より柔らかい7mm厚のパッドを重ねた二重構造を採用しました。 これにより、「輪行して自転車を出してみたら故障・破損していた」という悲しい“輪行あるある”を軽減するだけでなく、人にかかる衝撃をも吸収します。

    2.収納時のサイクリストの不満を解消する構造&設計
     上述の故障や破損の危険性に加え、「輪行は自転車の出し入れが煩わしく面倒だからしない、したことがない」というのも実情とDOPPELGANGERは分析。 そこで、サイクリストが感じる、収納時の不満を本製品で解消しようと考えました。
     「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」では、上述のクッションパッドは分割して配備されているため、バッグの両端を折り返せば自立する仕組みになっています。 バッグを片手で押さえながら自転車を持ち上げて収納、という煩わしさはありません。
     またバッグ内部のインナーポケットは、取り外したペダルや工具類の収納に最適です。 ポケット入り口のファスナーは、フレームを傷つけないようバッグ上部に配置しました。

    3.大きくても持ち運べる機能付き
     パッド入り輪行袋は、肉厚なだけにかさばるのが実質的なデメリットといえます。 しかし、「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」では、分割パッド構造を利用し折りたたんで巻き上げることが可能。 ベルトで固定すればコインロッカーに入るサイズになります。 付属のショルダーベルトでリュックのように背負うことも可能。 両手が自由に使え、自転車に乗車しながらの運搬も問題なくおこなえます。

    <ロードバイクなどの大径車対応モデルも>
     先行製品として、ロードバイクやクロスバイクなどの大径車に対応する「耐衝撃輪行キャリングバッグ」も好評販売中です。
  • ……………………………………………………………………………………………………
    ■概要
    ……………………………………………………………………………………………………
  • 【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
    【商品名】耐衝撃輪行キャリングバッグミニ
    【型番:カラー】DCB401-DP:ブラック
    【サイズ】展開時:W115×L(D)3×H95cm、収納時:W23×L(D)23×H58cm
    【重量】1.95kg
    【静止耐荷重】20kg
    【材質】ポリエステル、ポリウレタン、ポリエチレン
    【希望小売価格】9,900円(税別)
    【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dcb333/
     (先行製品「耐衝撃輪行キャリングバッグ」とURL共通)
サイクリストたるもの、自転車にも、人にも優しくありたい。
肉厚パッド×分割構造の「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」発売。

2018-05-29


 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2018年5月31日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、小径車向けパッド入り自転車収納用バッグ「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」を発売します。

<製品特長>
1.自転車にも人にも優しい肉厚クッションパッド
 「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」はその名の通り、一般的な輪行袋と比較して耐衝撃の高さが特長です。 その理由は、製品全面に内蔵されたクッションパッド。 自転車に当たる内側には10mm厚のパッドを、その外側すなわち人に触れる側には、より柔らかい7mm厚のパッドを重ねた二重構造を採用しました。 これにより、「輪行して自転車を出してみたら故障・破損していた」という悲しい“輪行あるある”を軽減するだけでなく、人にかかる衝撃をも吸収します。

2.収納時のサイクリストの不満を解消する構造&設計
 上述の故障や破損の危険性に加え、「輪行は自転車の出し入れが煩わしく面倒だからしない、したことがない」というのも実情とDOPPELGANGERは分析。 そこで、サイクリストが感じる、収納時の不満を本製品で解消しようと考えました。
 「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」では、上述のクッションパッドは分割して配備されているため、バッグの両端を折り返せば自立する仕組みになっています。 バッグを片手で押さえながら自転車を持ち上げて収納、という煩わしさはありません。
 またバッグ内部のインナーポケットは、取り外したペダルや工具類の収納に最適です。 ポケット入り口のファスナーは、フレームを傷つけないようバッグ上部に配置しました。

3.大きくても持ち運べる機能付き
 パッド入り輪行袋は、肉厚なだけにかさばるのが実質的なデメリットといえます。 しかし、「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」では、分割パッド構造を利用し折りたたんで巻き上げることが可能。 ベルトで固定すればコインロッカーに入るサイズになります。 付属のショルダーベルトでリュックのように背負うことも可能。 両手が自由に使え、自転車に乗車しながらの運搬も問題なくおこなえます。

<ロードバイクなどの大径車対応モデルも>
 先行製品として、ロードバイクやクロスバイクなどの大径車に対応する「耐衝撃輪行キャリングバッグ」も好評販売中です。

【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【商品名】耐衝撃輪行キャリングバッグミニ
【型番:カラー】DCB401-DP:ブラック
【サイズ】展開時:W115×L(D)3×H95cm、収納時:W23×L(D)23×H58cm
【重量】1.95kg
【静止耐荷重】20kg
【材質】ポリエステル、ポリウレタン、ポリエチレン
【希望小売価格】9,900円(税別)
【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dcb333/
(先行製品「耐衝撃輪行キャリングバッグ」とURL共通)
[担当] 熊谷未央(くまがい)、久堀悌子(くぼり)
◆お問い合わせ先:
[お問い合わせフォーム] こちら
[E-Mail] pr@be-s.co.jp
[Tel] 050-5306-1902(広報直通)
[住所] 大阪府東大阪市川俣1丁目14番33号